グルコサミンや高麗美人で調子を整える|サプリメントで手軽に摂取

関節の痛みに効く成分

膝

効果の信憑性

グルコサミンは、コンドロイチンとともに、間接のスムーズな動きを助ける成分です。グルコサミンは加齢とともに減少し、それが関節痛の原因となりますが、このふたつの成分を摂ることで、軟骨が磨り減ることで生じる変形性膝関節症に効果があるとされています。グルコサミンは軟骨の原料となる成分であり、コンドロイチンは軟骨の主成分で、体内ではコンドロイチン硫酸という成分として存在します。どちらの成分も若さや健康のためには必要不可欠なものですが、厚生労働省によるグルコサミンの評価は厳しく、専門家でもその評価が分かれているのが現状です。ただし、サプリメントとしてのグルコサミンは長く飲用されているという歴史もあるため、あくまで健康食品としての効果を期待するという認識が必要だと思われます。

関節痛以外の効果に注目

特に経口摂取での効果に疑問が持たれるグルコサミンですが、例えばコンドロイチンとの併用によって相乗的な効果があるとされています。特に注目されているのが、グルコサミンとコンドロイチンによって生成されるヒアルロン酸で、これは肌のハリやツヤを保持する成分です。さらにコンドロイチンには組織に吸収性や弾力性を与える働きがあり、これらの効果から、美容やアンチエイジングに役立つ成分として、女性のあいだには人気となっています。過度な期待や誤解もありますが、基本的にグルコサミンは体内で生成することができず、それをサプリメントの形で補うことは、日々の健康を保つために有効なのは間違いありません。そして実際に、関節痛が緩和されたという声も多くあることも確かです。